「いえづくり」線がいのち!設計

「住宅・いえづくり」において、ものをつくるのは大工さん!・・・この職人さんたちの腕が良くないと、もちろんいいものは出来ません!

たとえば、板前さんも同じ!・・・とてもいい鯛があったとして、その素材を100%生かして、最高の料理にするのが、一流の板前さん!

いえをつくるのも同じです。やはり腕のいい職人無くして、いい家は出来ません!

ですから、(有)玉川工務店では、棟梁の玉川治夫をはじめとして、一流の職人が、木とはなしをしながら、職人の技を通じて、いえに魂を吹き込んでいるのです。

ただ、どんなにいい職人さんがいても、設計がへなちょこだとこれもまたいい家は出来ません。

私達(有)玉川工務店では、原則として一級建築士事務所 玉川光昭建築設計事務所が設計を担当し、お施主さんの要望にあったいえを設計します。

設計は、主にコンピュータを利用しCADによる図面作成、CG(コンピュータグラフィックス)を利用した3次元パース等はもちろんのこと、場合によっては、手描きによるスケッチや原寸図を利用し、お施主様に分かりやすく、なおかつ技術的に高度な設計まで行っております。

また、クロスやカーテンの選定、左官材、家具等の内装については、インテリアコーディネーターが、コーディネートサンプルを作成し、お施主様に分かりやすく提案します。

また、どんどん進む高齢社会においても、バリアフリー等の考え方を採用し、福祉住環境コーディネーターが専門の知識を生かしながら、住宅の安全性も考慮に入れた提案を行います。

さらには、住宅の断熱性や気密性をコンピュータの計算プログラムに入力し、年間の光熱費の予測をすることにより、採用する設備等の選定に利用します。

図面

 

 

 

その他にも、様々な専門の知識を十分に取り入れて、お施主様の隠れたニーズにまで手を伸ばし、本当に満足いただけるご提案をさせていただきます。

設計が良いものであることは、「いいいえ」のための必要条件です。いい設計なくして、いい住宅!いいいえ!は絶対に出来ません!

そして、お施主さんもこの設計の段階で、大いに頭を悩ませることが大切です。

なぜなら、施工段階での変更はとてもコストがかかります。しかし、設計段階での変更であればコストはわずかで済みます。

十分に設計を煮詰めることにより、本当に納得のいく「いいいえ」が出来るでしょう!

そのために、私達、(有)玉川工務店一級建築士事務所  玉川光昭建築設計事務所は最大限のお手伝いを致します。

私達、玉川光昭建築設計事務所は、一本の線にたましいをこめて、設計をしているのです。

 

玉川光昭に設計の相談をしたい!・・・そう思った方は今すぐ!こちらをクリック!

玉川光昭建築設計事務所が設計を担当した建物(新築現場・リフォーム現場・完成現場)を見学したい!・・・という方はこちらからどうぞ!

とで、と思っていると必ず忘れてしまいます。・・・行動は今すぐ!・・・

追伸
設計の大切さはよく分かった!・・・でも、先立つものの心配が・・・そう、資金についての心配があるお施主さんは実際とても多いのが現実です。

というか、なかなか行動に移せない原因の一番の理由は資金計画ではないでしょうか?

この大切な、資金計画については、「いえづくり」ここが大切!・・・賢い資金計画!をご覧になってください。・・・今すぐここをクリック!

 

人気ブログランキング
建築・リフォーム Rankingは、
こちらをクリック!←カチッ


ブログランキングくつろぐ

玉川工務店のTOPへ!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tamagawa5/50181501